中古バイクショップ一覧 > 長期間乗っていないバイクを高く売るコツ

バイクは長い間エンジンをかけていないと、エンジンが始動しなくなる事がよくあります。こうした動かないバイクは一般に不動車と呼ばれます。動かなくなったバイクは修理が必要になりますので、中古バイク買取査定を依頼した時に買取価格から修理代が引かれてしまいます。しかし、長期間乗っていないバイクでも、動く状態に保つ事は可能です。

まず、なぜ長い期間乗っていないバイクは動かなくなってしまうのでしょうか。この原因は主に二つ考えられます。一つはバッテリー上がり、そしてもう一つはキャブレター内部の詰まりです。どうすればこうした不動車になる原因を出さずに保管できるでしょうか。

まず、バッテリーはしばらく放置しておくと自然と放電する性質があります。特にバッテリーがバイクに接続された状態では放電しやすくなりますので、これを防ぐためにバッテリーのマイナス極側を外しておくとよいでしょう。外しておいてもある程度放電するのは仕方がありませんが、数年等、よほどの長期間エンジンをかけないということでなければ、バッテリーが上がるまではいきません。

もう一つの不動車になる原因、キャブレター内部の詰まりはどうして起こるのでしょうか。キャブレターの内部のガソリンが腐ってしまい、それが固まってしまうためです。この状態ではエンジンにガソリンを噴射する事ができないので、エンジンはかかりません。これを防ぐには、ガソリンを空にしておくようにしましょう。

関連サイトとなります

Copyright ©  三重県鈴鹿市で中古バイク買取と販売ならこちらがおすすめ! All Rights Reserved.