中古バイクショップ一覧 > バイクの買取査定に必要なモノ

バイクの買取査定をしてもらう場合には、用意しておくべき書類等があります。どんな書類が必要かは、バイクの排気量によって若干変わってきます。大抵は査定申込みの電話などで業者が教えてくれますが、ここでも参考にしてください。

まず、どの排気量のバイクでも共通して必要になるのは、「印鑑」そして「身分証明書」です。身分証明書は、運転免許証か、パスポートです。これらに加えて、それぞれ以下の物が必要になります。
■125cc以下のバイク:「標識交付証明書」役場で発行される書類です。
■126cc~249ccのバイク:「軽自動車届出済証」
■251cc以上のバイク:「車検証」

自賠責保険に関しては、251cc以上であれば車検と一緒に買い取ってもらうことになります。それ以下のバイクに関しては車検がないので、買取り業者によって扱いが変わってきます。自賠責があることで査定が高くなる事は、あまりないようです。

所有者(バイクの持ち主)本人が直接そのバイクを売る場合はこれだけでよいのですが、売却者が本人ではない場合、もう一つの書類が必要になります。この書類とは「委任状」とバイクの所有者の「印鑑証明書」です。委任状というのは、バイクの売却についてのすべての手続きを特定の人にゆだねるという旨を記した書類の事です。この二つがなければ買取りはしてもらえません。ですから、バイクの所有者本人以外の人が手続きをする場合は事前にこの書類を用意しておきましょう。注意すべき点として委任状の印鑑は、印鑑証明書と同様でなければなりません。

関連サイトとなります

Copyright ©  三重県鈴鹿市で中古バイク買取と販売ならこちらがおすすめ! All Rights Reserved.